• ホーム
  • ダイエットでブレインフードを食べて睡眠の質を高める

ダイエットでブレインフードを食べて睡眠の質を高める

ダイエットをしながらも快適な睡眠をするためには、セロトニンの原料を摂取してメラトニンを生成する必要があります。
ブレインフードとも呼ばれる大豆食品には、セロトニンの原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。
納豆にはトリプトファンに加えて、ビタミンB6も同時に含まれることで、セロトニンの原料を同時に摂取できることになります。
低脂肪で高タンパクな納豆をダイエットで食べれば、睡眠に必要な栄養も摂取できることは健康にとっても重要です。

ブレインフードからレシチンやトリプトファンを摂取していれば、悩みや不安を解消できるようになります。
大豆にはイライラ予防のために欠かせないカルシウムも豊富で、大豆レシチンの効果とともに脳機能を安定させるために有効です。
ダイエットで大豆食品を活用すれば、普段の生活で欲求不満がたまることも防げます。

睡眠を得るためのフードをしっかりと食べて、ダイエットのための栄養を吸収することで、体が持っている生命力が引き出されます。
セロトニンが分泌されてからは、睡眠を司るメラトニンが分泌される過程に至ります。
ダイエットの食生活もバランスが良ければ、睡眠の質も改善していきます。
良い眠りを得ることができれば、ダイエット生活が楽しいものとなります。
運動の疲れも解消しやすくなることで、基礎代謝を落とさずに済みます。

ブレインフードの種類を確かめて、カロリーの許容範囲内で食事に取り入れていくのが賢い方法です。
疲れを解消するためにはビタミンB1やクエン酸を摂取して、血行を良くするためにビタミンEを吸収する必要もあります。
主食を玄米や麦飯にして歯ごたえを良くすると、噛む回数が増えて脳を刺激しやすくなります。