• ホーム
  • 肩甲骨ダイエットで寝ながら痩せる体質へ

肩甲骨ダイエットで寝ながら痩せる体質へ

現在ダイエット薬や炭水化物抜きダイエットなどさまざまなダイエットがありますが、今回紹介するのは寝ながらでも行える肩甲骨ダイエットについてです。
このダイエットは肩甲骨周辺をほぐすことにより、脂肪燃焼効果を高めます。
なぜ痩せるかというと、肩甲骨周辺にはリンパが集中しているので、もみほぐすことによりリンパの流れが良くなり、老廃物がたまりにくくなり、代謝が上がり、むくみをとる効果があります。
また、肩甲骨周辺にある褐色脂肪細胞という細胞が脂肪の燃焼を促進するためです。

褐色脂肪細胞の活動量は高いほど脂肪を燃焼する効果が高いのですが、人によって異なり、そのために同じ量の食事をしても、太りやすい人と太りにくい人に分けられてしまいます。
また褐色脂肪細胞は幼児期に一番多く成人になるとその量は幼児期の約半分以下にまで減ってしまいます。
肩甲骨周りを刺激して可動域を広くすると、褐色脂肪細胞が活発に働き脂肪を燃焼する効果が高くなり、痩せやすい体になります。

気になる寝ながら行う肩甲骨ダイエットの方法ですが、それはストレッチポールを使用して行います。
ストレッチポールの上に寝転がり腕を開き前後に肩甲骨を意識して動かすだけです。
ストレッチポールは市販の物を使用してもいいですが、厚手のタオルを丸めてテープでまとめるなどして使用しても効果はあります。
このストレッチポールを使用した寝ながら行う肩甲骨ダイエットは、痩せやすい体を作るだけでなく、猫背を治し姿勢を良くする効果もあるためスタイルも良くなります。

さらにこのダイエットに組み合わせて食事に気をつけたり、運動を取り入れるとさらに高い効果が得られます。
1日のうち10分からでも手軽に始められるので取り入れてみてください。